Version Française Deutsche Version Versione Italiana Versión EspañolaVersão Portuguesa English Version 这边中文版 한국어

2009年11月26日

新型インフル強毒化?

 今日、息子のお迎えをしてお友達と立ち話をしていた時の事。

「そういえば、ウクライナでインフルエンザが変異したかなんかで
スーパーインフルエンザとか言われてるらしいよ・・・」

 との情報を得ました。
日本では、きっとパニックになるのを恐れて?好評されていませんが
欧米や中国などでは話題になっている模様で調べました。


インフルエンザで肺が黒くなって死ぬ――。
ウクライナでこんな患者が出ていると欧米などの一部メディアで報じられ、新型インフルが強毒化したのでは、と波紋を呼んでいる。
しかし、現地調査したWHOは突然変異を否定しており真相は謎のまま。

欧米などの一部医療系メディアのサイト記事には、血で固まったのか、炭のように真っ黒になった肺のレントゲン写真が載っている。
これがウクライナで死んだインフル感染者のものだという。
 ↓

news54477_pho01.jpg
真っ黒な肺のレントゲン

いくつかのメディアの情報をまとめるとこうだ。
ウクライナでは、2009年10月末ごろからインフルエンザの感染者が
約15万人、死者が50人出るなどして、被害が急拡大した。
そして、11月18日には感染者が約145万人、死者が328人と10倍近くにまで膨れ上がった。

そして、インフルエンザで死んだ人は、悲惨な最期を迎えたとされる。現地の医師によると、肺の中に血液や水分がたまる肺水腫になり、そのまま大量に出血して全身の孔から血が吹き出したともいう。

こうした症状について、メディアでは、1918年に流行した「スペインかぜ」に似ていると報じている。
当時は、第1波後にウイルスが突然変異して強毒化し、第2波では世界で5000万人もの死者を出した。

ウクライナでは、今回の流行は「スーパーインフルエンザ」と呼ばれているという。
新型インフルの強毒化の可能性もあるとして、近隣諸国にも不安が広がっている。ウクライナのユシチェンコ大統領は、専門家の話として、新型や季節性、カリフォルニアの3種のインフルエンザが混合して変異し、攻撃力の強いウイルスになった可能性があると明らかにしている。

この騒ぎで、WHOは11月2日から現地調査に乗り出しウイルスを英ロンドンの研究所に送って分析した。
そして、17日になって予備テストで新型インフルが検出されたとサイト上で明らかにしたものの、ウイルスの突然変異については否定した。

 
ウクライナの新型インフルについて、厚労省の結核感染症課では、「WHOの調査結果では、病原性の変化が確認されていません」として、しばらく静観する考えだ。

現地では、インフルエンザについての情報が混乱しており、メディアの報道も必ずしも根拠がはっきりしない。
ウクライナ大統領選が2010年1月17日投開票の予定であることから、情報に政治的な意図があるのではとも報じられるようになっている。
低支持率に悩んでいることから、感染拡大を口実に、選挙を延期したり、反対派を抑えたりしようとしているのではないかというのだ。

近畿医療福祉大学の勝田吉彰教授(渡航医学)も、新型インフルの強毒化について、懐疑的な立場だ。

「今のところ、突然変異の可能性は高くない感触を持っています。肺が真っ黒のレントゲン写真もなぜ記者が入手できたのか疑問ですし、死者などの数字も、すべてが新型インフルとは限りません。現地では、大量出血して死んだという報道は、最近少なくなり、いかに医療施設が貧弱かといった報道に変わりつつあります。ウクライナでは、ユシチェンコ大統領とティモシェンコ首相がライバル同士ですので、政治的なプロパガンダの可能性もあるかもしれませんね」

もっとも、勝田教授は、突然変異の可能性がまったくないわけではないとみる。

 集めたウイルスの少なくとも半分は新型インフルエンザだったようですが、ロンドンの研究所は、まだ最終的な結果を出していません。
その点が気色悪いですね。
3種のウイルスが混合して変異することは、確率はそんなに高くありませんが、理論的にはありえるそうです。
肺ペストだという情報については、そうならもっとバタバタ亡くなるそうなのでそうではないのでしょうね。
第2波となる可能性はまったくゼロではありませんので、日本でも注意して見守る必要があると思います。

 ネット上では、結構知られている情報だそうですが今頃知った私なのでちょっとお知らせまでに書いてみました。
posted by ミニー at 23:56| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 真実の話し?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

インフルエンザワクチンは打たないで!

 今日は、給食がカレーだった為お弁当はお休みです。
そこで、何を書こうか悩みましたが今日はインフルについてです。
今は、新型インフルのワクチンの話題がニュースで流れていて、
そのリスクとかよりも優先順位ばかり。。。
そんなのでいいのか?!

 私は、去年までは子供にもインフルのワクチン接種をしていま
したが今年は打つのを止めました。
なぜならば、接種しても軽いと言われているにも関わらず今年は
子供達2人共かかり軽くなかったし、この事実を知ってしまったから・・・・。

 みなさんは、母里啓子(もり ひろこ)さんてご存知でしょうか?
下の本を書かれた方です。

母里啓子さんの略歴です。

1934年東京都生まれ。医学博士。
千葉大学医学部卒業後、伝染病研究所(現・東京大学医科学研究所)でウイルス学を修め、愛知県がんセンター研究所に勤務、在職中に、カナダのトロント大学オンタリオがん研究所に2年間留学。
帰国後、東京都がん検診センター検査課長、横浜市衛生研究所細菌課長を経て、国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)疫学部感染症室長、同附属図書館長、のち、横浜市の瀬谷、戸塚、旭の保健所長、介護老人保健施設「やよい台 仁」の施設長を務め退職。


クリックすると、詳細が判ります。





 何故、私が今日この話題を書いたかと言うと先日新型インフルエンザ脳症で亡くなったお子さんがいらっしゃったからです。
このニュースは衝撃でした。
インフルエンザ脳症で亡くなったお子さんや、ご両親に思いを馳せると、同じ子供を持つ身として何とも言葉がありませんが・・・。


 インフルエンザ脳症って言葉は、怖いですねがく〜(落胆した顔)
でも、ちゃんと理解しないといけない事だし誤解している方も多いと
思ったのであえて書きます。
ちょっと、今日は長いです。。。

 インフルエンザ脳症について、母里啓子さんは
著書「インフルエンザワクチンは打たないで」
の中で次のように触れていらっしゃいます。

 「インフルエンザ脳症という言葉のせいで誤解されていますが、感染症に伴う脳症は、インフルエンザにかかったときだけ起こるわけではありません。脳症は、感染症にかかり、高熱が出たあとに引き続いて起こる、インフルエンザとは別の病気です。・・・中略・・・
 脳症の原因は、明らかになっていません。
 インフルエンザの感染から脳症になった子供の脳を調べると、インフルエンザ・ウイルスが入りこんでいないし、炎症も起こしていません。ですから、インフルエンザが直接の原因ではないということがわかるのです。・・・中略・・・
 厚生省では1998年、インフルエンザ脳症についての研究班を作り、脳症についての研究を進めてきました。・・・中略・・・ワクチン自体には脳症を防ぐ効果はない、との結果がはっきり出ました。」

 これって、インフルエンザ脳症って言葉が悪くありませんか?
インフルが、原因じゃないなんて誰も想像しえないし!


 また、母里さんはインフルエンザ脳症は、日本でのみ特に多いということから、日本で使われてきた一部の解熱剤や抗ウイルス薬の処方に問題があるのかもしれないということに触れていらっしゃいますあせあせ(飛び散る汗)この事実は、見逃せませんよねexclamation×2

 
  母里さんは、こんな事を仰っています。

 インフルエンザウィルスは、遺伝子構成が変異し続けるという特性を持っています。どんなウィルスが流行るのかなんて、予想がつくはずも無い!曖昧な選定によるウィルスを、鶏の有精卵の中で増やし、ホルマリンを使って殺し、死んだウィルスの一部を取り出して加工る・・・。インフルエンザワクチンが、生ワクチンのはしかのワクチンと違って、効果が期待できないというのは、ここまでの説明を聞いただけでも納得がいきませんか?
 実は、インフルエンザワクチンが無用であるという事実が、過去に大掛かりな調査研究で証明されているのです。前橋リポート・・・ご存知でしょうか?

 1979年、群馬県の前橋市で、1人の児童がインフルエンザワクチン接種後に痙攣を起こしました。しかし、国は医師の申請を却下、それが副作用であることを認めなかったのです。前橋市の医師会は、1980年から集団接種停止を決めました。国が義務付けているインフルエンザワクチンを拒否する!!なんと勇気ある決断でしょう!!!しかも、その後5年間、前橋市と同規模の高崎市など、周辺の集団接種を行っている地域との比較研究が行われたのです。群馬県の衛生研究所と医師会が動いたのです。凄いexclamation

 専門家達が、いわば国を敵に回してまで行った調査から明らかになった結果は、ワクチン接種地域と非接種地域に、インフルエンザの流行の大きさにおいて、なんら差が無い!という事だったのです。しかも、自然感染をした人のほうが、明らかに強い抗体を得ている。つまり、その後、インフルエンザに罹りにくくなったり、罹っても軽い症状ですんだり・・・。インフルエンザワクチンの無効性が証明されてしまったのです。

 とうとう、国は、1994年に小中学生への集団接種を中止するに至りました。でも、厚生労働省も製薬会社も挫けません。
子供が駄目ならば、高齢者にと、ターゲットを変える作戦に出ました。どうしても作って売らなければならないようです。
がんもそうですが、今や治る病気でも儲からないからとその薬を処方しない。ワクチンは、売れば儲かる!そんな世界なんですよね。
なんだか、悲しい事実ですけど。。。

 母里さんはこうも仰っています。
「インフルエンザワクチンの副作用を大袈裟に盾にするつもりはありません。でも、僅かだとはいえ、重篤な副作用の可能性があるのならば、必要の無いワクチン接種によってリスクを負う必要はありません。インフルエンザは、長くても一週間も寝ていれば治る病気です、自然のくれたお休みだと思って静かに寝ていてください。」


 これを総合すると

1 ワクチンを接種しても、インフルに感染することは防げない。

2 集団接種をしてもしなくても、インフルの流行は変わりがない。

3 「他人にうつす」のを予防する効果もない。

4 1〜6歳の子どもへのワクチンの効果について、「20〜30%の有効率で発症を阻止する効果がある」という研究がある。ただし、20%の有効率とは、100人中20人のインフルエンザ発症を防ぐという意味ではない。仮にワクチンを打ってない100人のうち20人がインフルエンザにかかったとして、ワクチンを打っていない100人のうち16人がインフルエンザにかかったとすると、その差の4人が、ワクチンを打たずにインフルエンザにかかった20人の20%となり、有効率20%という。この場合なら100人中4人の発症を防ぐということ。この有効率は、偽薬(プラセボ)よりちょっとましな程度。
5 ワクチンは重症化を防ぐとよく言われるが、そのようなデータは存在しない。

6 インフルエンザ脳症も防ぐ効果はない。

7 高齢者はインフルによる肺炎で亡くなることが多いと言われるが、高齢者の肺炎で最も多いのは嚥下障害によるもので、インフルの割合はそれほど高くない。高齢者は既に抗体を持っているのでインフルにかかりにくい。

8 副作用は毎年報告されており、補償はされない。(一生に一回打つワクチンならともかく、毎年打つワクチンとしてはどうかということ)

 これを、考えてみませんか?
インフルの前橋リポートなど、情報が載っているサイトを見つけました。
かなり衝撃的な、事実を知るかも知れませんがお勧めのサイトです!

 カンガエールネット
 http://www.kangaeroo.net/



 下記は、長いので興味のある方は読んで下さい。

 「今年はどうするインフルエンザ」
に書かれている内容ですが↓

インフルが流行している時期に病院へ行くのは、愚の骨頂なんです。
別の型のインフルにうつりにいくようなもの。
インフルにかかったら、家の中で寝ているのがいちばんです!

激しく流行するのは、大変異を起こした時だから、なおさら効かない。だけど、そんな大変異は歴史の中で何度もあったはずです。
それが自然なのだということ。
「スペインかぜ」(1918年)や「アジアかぜ」(1957年)がその例。
現在、私たちが暮らす日本では、栄養状態や衛生状態が昔とはちがっているでしょう。だから、それをもって「インフルは怖い」としないでほしい。

昔は医者のほうも、「放っておいても治るけど、いちおう薬は出しておきましょう」という人が多かった。
ところが、子供の数がどんどん少なくなってきたから、万が一のことがあると大問題になる。
だから、医者のほうも防衛手段として、怖いことを並びたてて脅して、薬も渡し
「私はいうべきことはいったし、やるべきことはやりましたよ」
というところに逃げるようになった。
医者が「ほうっておいても治る」とはいえない世の中になってきた。

実は以前から指摘されていたことですが、インフル関連脳症の死亡率は、ジクロフェナクナトリウム(商品名はポンタールやボルタレンなど)などの非ステロイド系抗炎症剤(解熱剤。NSAIDs)が使われたときに高くなるということがわかりました。

比較的安全ではないかということでアセトアミノフェンが使用されているのですが、本来ならば解熱剤が必要ないことは、多くの医者が知っていることではないでしょうか。
にもかかわらず解熱剤を出すのは、
「熱が高いと苦しそうでこどもがかわいそうだ」
といわれれば出さざるをえないからです。

厚労省の研究班は、「インフルにかかった人の脳症は阻止できないが、ワクチンによってインフルを予防できれば、脳炎・脳症を防ぐことができる」といい方を変えています。
しかし、これにも疫学的な裏づけはまったくありません。
むしろ最近では、インフルエンザワクチンには「効果がない」という研究報告がいろいろと発表されています。その中でももっともインパクトのあったのが「高齢者の超過死亡を減らせない」という報告です

インフルに限らず、普通の風邪や水ぼうそうで熱が出るときには、その熱は、体がウイルスと闘っている証拠なのです。
実際、熱だけでもウイルスや細菌はやっつけられます。
発熱は、ウイルスや細菌など外敵の攻撃から、体を守る大切な体のしくみ(防御機能)のひとつです。
子供の発熱は、ほとんどがウイルス感染による風邪のためです。
ウイルス感染の風邪の時の発熱は1〜2日、長くても5日くらいでおさまりますから、解熱剤を使う必要はないことがほとんどです。
だから、基本的には熱を下げないほうが、早く治るのです

大人用の市販薬の鎮痛解熱剤として、イブプロフェンやアスピリンがまだ使われています。
それに、医療機関では注射や坐剤で強力な非ステロイド抗炎症剤がいまだに大人用に処方されています。
使用が規制されたアスピリンやメフェナム酸、ジクロフェナク以外に非ステロイド抗炎症剤の坐剤や解熱剤注射(メチロン)などを使われて消化管出血や脳症など多臓器不全を起こして死亡した21歳の男性がいます

結局、「タミフルが多少効く子にはタミフルは必要がなく、本来効いて欲しい子には効かない」
つまり、「タミフルは小児には使い道はない」のです!

「体温の低下とともに同時に走りはじめ、窓から飛び降りようとした。母親が気づき抱きとめた」という例が厚労省に「幻覚」の例として報告されています。
熱せん妄なら高熱時に起きますが、体温が下がってからの異常行動です。タミフルには、体温低下作用もありますからこれなどはまさしく、タミフルによる害反応といえるでしょう!

そもそも「インフルエンザワクチンは効かない」ことはわかっています。だからこそ、1994年に予防接種法が改正され、インフルエンザは予防接種法の対象疾病からはずされたのです。

インフルエンザにかぎらず、ワクチンは、厚労省、業界、医師という利権のトライアングルに消費者が巻きこまれてお金を払わされ、副作用のリスクにさらされているという構図です。私たちの健康とはいっさい関係のないところでワクチンは製造され、使用されているということを多くの皆さんに知っていただきたいと思います。


自由経済主義的な医療でやるか、統制医療的なものであるかのちがいが出ているのだと思います。イギリスやオランダなどでは家庭医をもたなきゃならない。家庭医のほうは、自分のところに登録されている人数によって収入が決まる。薬や検査とは関係ないんです。
そうすると、患者がきて忙しいといやなわけですから、
「風邪だったら家で寝ていなさい」ということになるんですよ。
これが自由経済主義のアメリカになるとちがって、薬を使えば使うほど、検査をすればするほど収入が増える。そういう意味では日本も同じです。だから、風邪に抗生物質は効かないとわかっているのに、抗生物質を出す。医者のあいだでさかんにいわれているのは、薬を出せば診察は3分ですむけど、出さない理由を説明したら30分かかってしまう。
そうやって説得したあげくが1銭もとれない。
3分診療で薬を出せば薬代がとれる。


自然に直すから放っておけ、といっても通じない社会になってしまっていますね。予防接種を受けさせない親のところに、「ネグレクト」(放置)じゃないかといってきた保健所もあったそうです。
ネグレクト、つまり虐待ですよ。
ワクチンに否定的な親までもが、そうやって巻きこまれていくシステムになってしまっているんです


 こんな内容でした。
この事実を知って、みなさんはワクチンを接種されますか?
賛否両論あって当たり前ですが、日本は妊婦には新型インフルのワクチンにエチル水銀系の防腐剤は入っていない物を供給するそうです。
ワクチンに、有機水銀系の防腐剤が使われていたのをご存知ですか?
そんな物を、身体に入れるのはね・・・・。

 先日、アメリカでは新型に感染してもタミフルやりレンザ原則不要と打ち出しています。
CDCのアン・シュケット博士は同日の記者会見で「子供でも大人でも大多数は抗ウイルス薬は必要なく、自宅で休養することで治る」と述べたそうです。

 メディアや、医師の意見に左右されずに自分の身体は自分で守りましょう。

 


今日も、訪問ありがとうございました!

レシピブログに参加しています!応援宜しくお願い致します☆
reshipi blog.bmp

 こちらも、ポチして下さいm(−−)m
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へにほんブログ村 スイーツブログ キャラスイーツへ
posted by ミニー at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の話し?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

清涼飲料水の糖分量とカロリーゼロの嘘

 今日は、清涼飲料水のお話です。
夏休前、学校から娘が給食便りを貰ってきました。
そこには、間食の取りすぎに気をつけよう!
と書かれてありました。

 内容は、間食は1日200kcalを目安にしましょうと。
そして、おやつを取る際は飲み物にも注意する様に書かれていました。

 夏なので、喉が渇きます。飲み物には、注意しましょう。
その下には、イラストと共にどれだけ清涼飲料水に糖分が入っているのか書かれていました。

 これを見て、驚愕しましたよexclamation×2
炭酸飲料水     55g
紅茶飲料水     39g
スポーツ飲料    34g
果実系飲料     56g
低カロリー飲料   29g
乳飲料        57g

 全て500ml入りでの換算です!
恐ろしい!糖分取りすぎになってしまうふらふら

 うちは、お茶又は水しか飲まないしジュースはお友達を
招待した時に出す時はありますがこれを知るとちょっとね。
それで、夏に調べたんですよ。

 清涼飲料水は異常な砂糖の量を含有する危険な飲物?
じゃないかって。
メタボを気にする方でも、食事や運動に気をつけていらしても
何故か朝起きてから、寝るまでの間に行う「水分補給」に関し
て、無関心な人が意外に多いのには驚かされます。
食事からの糖質や脂肪の摂取を控えて、片方ではジュースや缶
コーヒーを1日何本もがぶ飲みしていては、本末転倒といわざ
るを得ませんもんね。


 たとえば、子ども向けに作られた清涼飲料水「なっちゃん」。
CMでも、よく見ますよね?

オレンジ味の場合、ボトルにはこう書かれています。
【原材料】オレンジ、果糖ぶどう糖液糖、香料、酸味料、
ビタミン C

 そして・・・砂糖不使用・無着色・純水使用!
ビタミンCたっぷり!

 このビタミンCたっぷり!とか砂糖不使用とかそういう言葉
に騙されてしまう気持ちが判るきがします。
私自身は、一度も購入した事はありませんがお友達から
頂く事があります。
純水だし、ビタミンCも摂れるしいいかな?って買ってきてく
れたのだと思います。


 果汁は20%。0%のジュースよりはまあいいかなと思いま
すが、それでも500mlのペットボトル1本には糖分が60.5g
入っていると言われていますあせあせ(飛び散る汗)

ちなみに
ファンタグレープ         56.0g
CCレモン             48g
コカコーラ            36.4g
午後の紅茶(レモンティ)     32.5g

そして、またまた驚くことには!
ナント!リンゴやオレンジなどの100%果汁のジュースでさえも、
250ml缶1本で砂糖にして35gの糖分が含まれていますどんっ(衝撃)
濃縮還元してカラカラにした果汁をまた水に戻すときに、香料を
入れたり砂糖を入れたりして味を調整しているそうです!

 ビジネスパーソンの必需品の缶コーヒーは、
通常タイプのもの       45g
低糖タイプのもの       15g
の砂糖が含まれています!
もし、ご主人が毎日缶コーヒーを愛飲しているならばこの事実
を教えてあげて下さい。


 これらの清涼飲料水に使用されるのは、ほとんどが「ショ糖」
といわれるもので、いわゆる「砂糖」です。
砂糖不使用と書かれていますが、同じことなんですよexclamation×2
ショ糖とは、ブドウ糖と果糖という単糖類が結合した二糖類とい
われる糖質です。
単糖類は、私たちの体の消化酵素では、それ以上分割できない最
小単位の糖質です。

 単糖類や二糖類は、体内での吸収が早く、肝臓で脂質と一緒に
なって中性脂肪に変化しやすいうえに、急速に血糖値を上昇させ
てしまうそうです。
特に、糖尿病予備軍の人は、健康な人に比べて、糖分摂取で血糖
値が上がりやすいうえ、脱水で血液が濃くなっていれば、高血糖
を修復しにくいといわれています。
その場合、血糖値が一気にはね上がって、糖尿病状態を引き起こし
危険な状態になることも考えられます。
怖いですねがく〜(落胆した顔)

 私は、特に注意しなくてはならないのが子供達の場合だと思っ
ています。子どもの1日の糖分必要量は20gだそうです。
例えば、ポカリ500mlには1本に糖分が34gですので、
それだけで14gも多く取ることになってしまいます。

 糖分って書くと、砂糖を頭に浮かべますが、実はご飯も糖分
うどんも糖分、パンも糖分、果物も糖分ですよね?!
お腹に入ったあと、分解されてブドウ糖になる糖分を加えると、
もし、子どもが白米とパンとジュースばかり食べている偏食だっ
たら・・・・?
小児糖尿病になる近道?!成人病の子供が増えるって事exclamation&question

 でもって、もし子どもが1日500ml飲んでしまうと1日に必要
な20gの3倍をたったこのジュース1本から得てしまうことにな
りますよね?
もし、2L飲んだとすると1日240gの糖分を摂ってしまいます。
これは、どの清涼飲料水もどっこいどっこい。

 そして、これが曲者!!!!!!
日本のメーカー団体が、勝手に決めている「カロリーオフ」、「
カロリーゼロ
」という表示にも要注意ですexclamation×2
これは、カロリーがないと思ったらお間違いです!
これも、前にTV番組で見て知ってショックを受けたのですが
これは、エネルギーが少ないことを強調する表示であってカロリー
が無いということではないのです!
カロリーゼロなら安心るんるんと思っていた方、もう飲むのは止め
ましょう。

 ”カロリーオフ”の表示は、清涼飲料水の場合、飲用に供する
食品100ml当りのエネルギーが20kcal以下の場合に表示でき
ます。また、”カロリ無”、”カロリーゼロ”、などの表示は
飲用に供する食品100ml当りのエネルギーが5kcal未満の場合
にできる表示です。
言葉のイメージだけで判断するのは危険ということです。

 水分補給は、言葉の通り「水」で行うのが一番です。
もし、どうしても「そうはいっても、急にはやめられない!」
というのであれば、清涼飲料水を水で薄めて飲むなど徐々に水に
移行していくような工夫をしたらいかがでしょうか?

 ペットボトルのお茶なれいいじゃない?と思ったら、それは
それで恐ろしいのですから・・・・。
このお話は、また次回。



 今日も、訪問ありがとうございました!

レシピブログに参加しています!応援宜しくお願い致します☆
reshipi blog.bmp

 こちらも、ポチして下さいm(−−)m
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へにほんブログ村 スイーツブログ キャラスイーツへ
posted by ミニー at 00:45| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 真実の話し?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

食用油について考えませんか?

 昨日、友達と話をしていたらその子が私のブログを読んで
くれて電子レンジって怖いんだね!
先日の記事の話題になりました。 

 結構、自分では知っている事でも知らない人はいるのでたま
にこうやってキャラ弁以外の事も取り上げていこうかな?と
思った次第で今日は食用油の話です。

ニュースや新聞で、何度も取り上げられた特定保健用食品
(トクホ)認定のエコナクッキングオイル。これが出荷停止
になりましたね!これは、本当に驚きましたexclamation×2
ニュースはこちら↓

<花王>エコナ出荷停止 成分が発がん性へ変化可能性指摘で
 花王は16日、特定保健用食品「エコナ」シリーズの関連全商品について、17日から出荷・販売を停止すると発表した。商品に含まれる「グリシドール脂肪酸エステル」という物質が発がん性物質に変化する可能性があるため。出荷・販売が停止されるのは食用油「エコナクッキングオイル」や同シリーズのマヨネーズ、ドレッシングオイルなど59商品。

 「グリシドール脂肪酸エステル」は発がん性のある「グリシドール」に分解される危険性が欧州で指摘され、日本でも食品安全委員会が調査中。花王は「安全性に問題はないとみているが、消費者の意識も考慮し販売を自粛する」と説明している。

 花王によると、6月にエコナクッキングオイルを自主検査したところ「グリシドール脂肪酸エステル」などが通常の食用油の最大182倍含まれていることが分かった。製造時の脱臭工程で副次的に生成されたのが原因という。「グリシドール脂肪酸エステル」の含有率を減らし、10年2月の販売再開を目指す。

 花王は消費者からの返品にも応じる。
問い合わせは同社消費者相談室0120・501・243。


 これって、物凄く怖くないですか?
トクホを信じて購入していた、消費者って裏切られた気がしま
すよね?

健康にいい?食用油だとずっと販売されていたのに、実はこ
の油によって健康被害が起きる可能性があるなんて・・・。
まあ、前からエコナは危ないなんって噂はありましたが本当
とはね・・・。
うちは、購入はしていませんでしたが、トクホがついている
から国の保証付きの油だと思って、特にお腹廻りを気にされ
ている方はわざわざエコナ製品を選んで購入されていた方は
多いのではないでしょうか?

トクホというは、なんぞや?って今更ながら思ってしまった
方はこちらを参照下さい。
トクホって?

トクホとは、ご存じのように「自然の食物」や「自然な方法で
製造されたもの」にはつけることができません。
人工的に何かの成分を加えたり加工した食べ物にしないと、ト
クホはもらえないんですよね。
それって、本当にトクホかい!って突っ込みたくなりますが。。。
これは、いい物なのかかなり謎で逆に身体に悪い気がして私は
購入していませんでした。
人工的に添加物を加えたトクホ製品。
エコナ以外でも、果たして本当に健康にいいのでしょうか?
 
 このエコナ問題って、起こるべきして起こったことなのかな?
と思いませんか?っていうか、判明して良かったと思います。
トクホって何?って再度考えるきっかけにもなったのではないで
しょうか?私もその一人です。
毎日流される、CMに踊らされて購入してしまう人々。
何の疑いもなく、トクホと表示してあれば安心してしまう心理
は怖い物です。
大企業の思う壺ですもんね。

 自分の身体は、自分で守らないといけないと再度認識させられ
た気がします。
家族の健康を守るのは、私達主婦ですしね。

 食用油って、身近でいて危険って思わない様ですがここはいい
機会ですから考えてみて下さいね。
トランス酸は・・・て書いていくときりがないけど・・・。

 油について、書いてあるブログをみつけましたので興味のある
方はご参照下さい。
食用油の危険性
これは、私も以前から知っていましたが知っていて損はありません。




 今日も、訪問ありがとうございました!

レシピブログに参加しています!応援宜しくお願い致します☆
reshipi blog.bmp

 こちらも、ポチして下さいm(−−)m
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へにほんブログ村 スイーツブログ キャラスイーツへ
posted by ミニー at 00:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 真実の話し?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

電子レンジの危険性

 こんばんは。
この2日間、給食がいいとの事でお弁当はお休みしていました。
カレーに、かつサンドですもの。
男の子のハート鷲掴みですわよ手(グー)

 今日は、以前からずーっと気になっていた事を書いてみたいと
思います。
興味の無い方は、スルーして下さいね。

 今って、電子レンジはなくてはならない物の方って結構多く
いらっしゃるのではないでしょうか?
私も、お弁当のおかずを温めたり、旦那のご飯のおかずを温めた
りと使っていましたが、ある日危険性を知り殆ど使うのを止めて
います。

 まあ、元々電子レンジが出た頃便利な物が出たなexclamationと思ったけ
どじゃがいもとかチンすると、味が抜けて美味しくないと思い
料理には一切利用していませんでした。
私は、圧力鍋愛好家で圧力鍋の方が、早く調理が出来るし味も
濃縮されるから好きです。
ご飯も、圧力鍋で炊くとジャーなんかでご飯は炊けません。
味が、全然違うから。と話が脱線してしまいましたね。。。

 電子レンジの危険性は、信じるか否かは本当に本人次第だと
思います。
試しに「電子レンジ」「危険性」と入力して検索してみて下さい。
いくつかWEBページが出てくると思います。
参考までに、2つほど↓

電子レンジ調理の隠された危険

電子レンジの危険性

電子レンジは、食品内の水分をこの自然界にはありえないほど
激しく分子運動させ食品を温めるんですが、食品の栄養素が破壊
されている、というのはまだ表面的な危険性。
それだけではなく、もっと懸念すべきことは、電子レンジで温め
た食べ物は、細胞やDNAレベルでも破壊が起こっているということ。
電子レンジを使ったとたん、その食べ物は、自然界に存在しない
食べ物になってしまうのですがく〜(落胆した顔)
自然界に存在しない食べ物は、食べたとしても身体がそれを異物
として排除しようとするので、カロリーはあっても栄養としては
認識されず、さらに電子レンジで温めた食べ物を日常的に、そし
て長期にわたって食べていると、例えば、ガンの発症や進行が早
くなったり、記憶障害が起こったり、感情が不安定になったりと
いうレポートもあるほどなんですよ爆弾

料理番組や料理の本を見ていると「カボチャを切りやすくする
ために電子レンジに3分入れ・・・」なんて、料理研究家が言っ
たりしていますが、単に切りやすくしたり食べ物を扱いやすくす
るためだけに、レンジを使うのは危険だと思います。
こういう料理研究家は、こういう事まで勉強をして欲しいなと切
実に思います。

ランチタイムに、コンビニでチンしたお弁当を食べていた方。
身体のことを考えるなら、冷たいかもしれませんがチンはしない
で常温で召し上がった方がいいと思います。
電子レンジは、今日使ったら明日体調不調が起こるということ
ではなく、静かに静かに身体にダメージを与えていくのがさらに
不気味ですよねふらふら

 今まで使っていた物を、すぐに辞められないかも知れませんが
使用回数を減らすだけでも違うのではないでしょうか??

 ちょっと、みなさんも考えてみて下さいね。
posted by ミニー at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の話し?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。